大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

体と脳の休め方です。

体と脳の休め方です。

電話予約道案内

体と脳の休め方です。

心から安らげる「体と脳の休ませ方」

肩こりや腰痛などは、筋肉の緊張が取れていない状態です。
また何度かお伝えしている通り、
・言いたいことを言わない
・気持ちを外に出さないように我慢する
このように感情を抑圧することでも筋肉は硬く緊張します。

肩こりでも感情の抑圧でも、
筋肉の緊張は脊髄を通って脳に伝わりますので、
脳が興奮してしまいます。

なぜなら、脳は「緊張=危険」と判断するからです。


そのため、リラックスさせるためには、
筋肉の緊張を取る必要があります。
整体で筋肉を調整してもらうことも大事ですが、
日ごろのセルフケアもとても大事ですので、
それをお伝えしたいと思います。


筋肉の緊張を感じてそれを取ろうとするとき、
ストレッチなどの方法が有効ですが、。
このストレッチ、やり方を間違えると
余計に筋肉を緊張させてしまうことがあります。


筋肉には、「緊張度を感じる神経」
と「長さを感じる神経」の二種類が存在します。

まずは、この二つの神経の特徴をお伝えします。


【緊張度を感じる神経の働き】
筋肉が緊張し過ぎるということは、
筋肉が切れてしまう可能性があるため、
この神経が働くと、筋肉の緊張度を緩めます。

【長さを感じる神経の働き】
筋肉は伸ばされ過ぎると切れてしまうため、
この神経が働くと、筋肉を緊張させ縮めます。


つまり、ストレッチをするということは、
筋肉の長さを感じる神経が働くことを意味します。
筋肉は伸ばされていると感じると、
切れないように緊張して筋肉を縮めます。

そのため、ストレッチで無理に伸ばそうとすると
逆に筋肉は緊張してしまうのです。


そのためストレッチは、
ゆっくりと痛みを感じない程度に
ゆっくりゆっくりと伸ばさなければなりません。

脳が興奮しているとイライラしてる時もあるので、
筋肉を無理にストレッチする方もおりますので、
とても注意が必要です。


逆に、緊張しているときは
“もっと”筋肉を緊張させてみて下さい。

すると「緊張度を感じる神経」が働き、
筋肉の緊張度を緩めようとします。

力を抜こうとしても力が抜けない人も、
逆に思いっきり力を入れてみて下さい。
すると、筋肉は緩んでいきます。


おすすめは、筋肉に力を入れてから
軽いストレッチを行うことです。

つまり、軽く運動してから
軽くストレッチすることと同じですね。笑


こうすると、

1.筋肉の緊張度が緩んだ状態になる
2.筋肉が長くなりやすくなる
3.筋肉が軽く伸ばされる

軽く伸ばされる程度なら、緊張度は高くなりませんので、
ストレッチは「軽く、そして長く」が基本です。
時間にすると45秒前後が良いです。


これを行うことで筋肉の緊張度は緩まってきます。
筋肉が緩まったことを脳が感じれば、脳はリラックスできます。
脳がリラックスできれば、心も安らぎを感じられるでしょう。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×