大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

原因不明の体調不良の正体

原因不明の体調不良の正体

電話予約道案内

原因不明の体調不良の正体

自律神経が乱れるメカニズム

前回までは私が自律神経専門院を志した

切っ掛けについて書き込みました。

今回から具体的な話をしていきますね。

もしあなたが、

頭痛、不眠、喉の詰まり、

鬱、パニック、不安感などで

悩んでいるのだとしたら

改善のヒントがあるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

あなたも『自律神経の乱れ』

という言葉は聞いたことがあるかもしれません。

自律神経について簡単に話をしますと…

心臓・肝臓などの内臓や血管・瞳孔などを、あなたは自分で意識して動かせることが出来ますか?普通の人は出来ませんよね。

自分の意志で動かせない体の部分は全体の90%にものぼります。

この体の90%の部分をオートコントロールして動かすのが自律神経なんです。

自律神経には大きく二つから出来ています。

「交感神経」と「副交感神経」です。

*交感神経…緊張の神経

*副交感神経…リラックスの神経

朝から昼過ぎまでが「交感神経」が主に働いてくれると

適度な緊張感が出て、集中して仕事や家事・育児などをテキパキとできます。

夕方に「副交感神経」が出てくることで

癒して休養ができるようになります。

家について、のんびりできて

夜にリラックスすることで

ぐっすり眠って気持ち良く

次の日の朝を迎えることができます。

でも・・・

緊張する「交感神経」が夕方になっても出っ放し。

つまり「副交感神経」が本来

出てきてほしいときに働いてくれない状態。

これが『自律神経の乱れ』と言われます。

夕方以降にリラックスしたいのに

緊張しっぱなしの状態…。

落ち着かないまま眠ることになり

浅い睡眠になって疲れが取れず、

スッキリしない状態でスタートしなければならない。

この状態が2週間続くと自律神経が乱れて

自然に治っていくのは難しくなってくるので

専門的な機関で診てもらうことをオススメします。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×