大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

施術化までの道のり6回目です

施術化までの道のり6回目です

電話予約道案内

施術化までの道のり6回目です

治療家デビュー

今回は初めて患者さんを施術した時の事を書いてみます。
毎日仕事の合間や休憩時間に練習し、上司の先生に合格をもらったらいよいよデビューする資格が貰えます。

患者さんを施術するといっても、最初から誰にでも施術するわけではありません。

難しくない症状の方で、治療院のスタッフと仲良くなる程常連の方に、事情(その日が初めての施術という意味)を伝えて、了解頂いた上で施術するのです。

私が初めて施術させて頂いた方は男性で、全身疲労の方でした。
 当時は今と全く違うやり方で施術していましたが、かなり緊張しましたね!!

この時が、仕事として人の体に触ったのは初めてでした。
あれ以来、患者さんの数にして、万単位の施術をして来ましたが、あれほど緊張したことはありません。

何をしたのかは覚えていないものの、患者さんの顔だけは今でもハッキリと覚えています。

施術時間にして、30分足らずだと思いますが、終わったあと、疲れて休憩室で休んでいる私に、スタッフのみんなから握手を求められ、プロの施術家として小さいながらも1歩、歩き始めたことを実感しました。

デビュー後、スタッフや患者さんから色々な励ましや注意を受けながら、少しずつ私なりに成長しておりました。

施術で余裕が出てきたら、仲の良い患者さんにカイロ学校の技術を使用して、症状緩和の為、試行錯誤を繰り返してたのが思い出されます。

そんなこんなで、その数ヶ月後には段々私にも指名してくれる患者さんが増え、傍目には順調に進んで見えたと思います。

しかし、この時の私は悩んでいました。
 私がもっと若ければ、悩みもせずに現状に満足していたと思いますが、その時の年齢を考えれば、ノンビリしていられなかったのです。

悩みというのは、患者さんの治癒でした。
 接骨院で教えて貰った技術やカイロ学校で学んだ技術は、当時の私には最初凄い事のように見え、実際効果もありました。

しかし、その時「楽になった!」と喜んだ患者さんが次の日、又来院してくる事が実に多いのです。

今なら、その理由は分りますが、当時は分らず、自分の技術の未熟さを責めました。
でもよく見ると、先輩や上司が施術した患者さんも当たり前のように次の日に来院してくるのです。

勿論、私の未熟な技術もありますが、それだけではないように、思えてきました。

学校の直営施術院でバイトしている学生にも、整体院での治癒の現状を尋ね廻りましたが、私の求めていた治癒スピードを答えてくれた人はおりませんでした。

「整体の施術はこんなものなのかな?」と思い始めた頃、ある人と出会いました!

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×