大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

治療院での実習

治療院での実習

電話予約道案内

治療院での実習

私の施術家になるまでのヒストリーです。

カリスマ治療家に入門し、いろいろなことを学び徐々にですが成長していた私です。

学んでいるカイロプラクティックの学校では、ある一定期間治療院で実習を受けなければなりません。

そこで待っていたのは、リアルな治療現場でした。

<本編> 

実地研修で選んだのは、西宮の甲子園口にある整体院でした。

初めて行った日は、私と同じ立場の学生が、既に来ており、人数は私を含めて、男ふたり、女ひとりで計三人になります。

他の二人は同じ学校の学生ですが、夜間部の私と違う時間帯で通っていた為に、私とは初対面の二人でした。

研修先の先生は一見すると、口元にヒゲを伸ばした先生で、チョット恐そうに見えます。

緊張した面持ちで、挨拶をすると、見かけよりも気さくな感じでホッと一安心。(笑)

ここで学ぶ事は、短時間で施術が終了する「接骨院」と違い、長時間施術する事になる「整体院」特有の技術だと当初は感じていましたが、実は、それだけでなく、ある意味もっと重要な事がありました。

それは、患者さんとのコミュニケーションでした。
この研修先の先生は、技術は勿論素晴らしいのですが、患者さんとのコミュニケーションを取る事が抜群に上手く、感心する事ばかりでした。

(こんな風に、患者さんと話が出来る様になるかな?)と不安を感じながら、私の研修は始まったのでした。

ここで、研修システムについて、簡単に説明します。
カイロ学校では1年半、技術や知識を教室で教えて貰えますが、それを応用して使うには、現場に出て実地に憶える必要があるという事で、長時間の研修が義務付けられています。

指定された整体院で研修する時間は学校により定められており、その時間をクリア出来なければ、卒業出来ません。

その時間をクリアする為には、必然的に働いている時間を短くして、その分研修に使うしかありません。

逆算してみると、午後からの時間を研修先で過ごさなければならない事が分りました。

事情を当時の責任者に話すと、快く了承して頂き、研修期間内は午前中で帰る事が出来るようにしてくれました。

私の勝手なお願いを聞いて頂き、本当に有り難かったです。
 余談ですが、研修時間が確保出来るようになり、それは良かったのですが、早く帰る分、私の収入は半減する事になり、苦しい家計が更に苦しくなりました。

それを支えてくれた、奥さんに改めて感謝ですね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×