大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

泣いてストレス解消しましょう!^^

泣いてストレス解消しましょう!^^

電話予約道案内

泣いてストレス解消しましょう!^^

皆さんは最近涙を流していますか?

初めて来院された方が涙するのは、
当院にとってよくあることです。

その時「涙を流すのはストレス発散に良いので、
どんどん泣いてくださいね」とお話しします。

今回は「涙」についてお話します。

涙を流す行為には、様々な種類があります。
感動や恐怖の時もあるでしょう。

目にゴミが入った時にも、反応として涙が出ます。

日常でも、涙は常に出ているものです。
大人ですと1日約0.6~1cc出ていると言われています。

これで目にうるおいを与え角膜を守っているのです。

そもそも涙を流す行為は、
親から教わったものではありません。

教わっていないのに、
みんな涙の流し方は知っているのです。

自律神経による反応で
呼吸が勝手に出来るように、
涙の流し方も脳に組み込まれているため、
反応で流すことが出来ます。


1歳ぐらいでは、
空腹やおむつが汚れて気持ち悪いなどで
大声で泣くことがあるでしょう。

ここで我慢して泣かない子はほとんどいません。

この時の涙は流すというより、
ストレス反応で泣き叫ぶ感じです。
自分の思いを分かってもらうための行動です。


しかし、大人になるにつれて
色々な感情の抑圧や過度な責任感や
人の目などを気にすることが増えるなどの要因
で、涙を流す回数が減ってきます。

特に感情を抑圧することが多くなっていると、
涙は出にくくなります。

すると、感情の振り幅が
どんどん小さくなってしまいます。

感情に揺さぶられて涙が勝手に出てくることが
苦手になってしまう場合があります。

その回路を使っていないため、
活性化出来ていないのです。

涙を出すような感情になっても
涙が出てこないということです。
普段涙腺を使っていないので、
必要な時に涙が出てきません。


涙を流す行為は、自律神経の副交感神経という
リラックス系の神経を活性化してくれます。

しっかり深く眠ったあとは、
副交感神経が活性化して
脳がリセットされスッキリします。

このような時は、目覚めが良い事でしょう。
そのため、しっかり涙を流したあとはスッキリするのです。


日常で溜まったストレスから
脳を定期的にスッキリさせるために、
涙を流すことを増やしてみましょう。

その為には、感情を抑圧し過ぎないことが重要です。

今まで中々泣けない人でも、
しっかりと体が緩まってくると
涙は出やすくなります。

自分の感情を抑え過ぎないようになってきます。

自分の感情に素直な反応を
させてあげられるようになると、
自然と涙が出てくるでしょう。


最初は、意識的に感動ものを観たり、
昔感動した映画や自分が体験した
場面の写真・思い出に浸ってみるのも方法です。
感動して泣いている人の動画を観るのも良いでしょう。

感情が動いたのなら、
その思いを言葉に出しても良いでしょう。
私辛かった…。私頑張った…。
すごく嬉しかった…。すっごく感動した!!


このようなことを繰り返し行っていくことで、
抑圧が少しずつ取れやすくなります。
涙を流すことを目的にスタートしても良いでしょう。

そのことで、副交感神経の活性化を図り、
脳をスッキリさせてあげましょう。


涙を流すことは、元々備わっている機能です。
自分なりに上手く使いこなしていけるような
状態に向かってみましょうね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×