大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

出張施術での出来事

出張施術での出来事

電話予約道案内

出張施術での出来事

出張施術をしながら色んなことに気づいたり、考えさせられました。
自分の施術スタイルを変える切っ掛けにもなることがあったりして、よい経験になったと思います。
今回は、それらと比べると少し軽い(?)面白い経験を書いてみますね。^^

<本編>

当時は現在の「エネルギー療法」のスタイルが出来ていなかった事もあり、その時の施術は「治療」より「癒し」の方に向いてしまったのです。

私としては、「治療」に重点を置きたかったので、複雑な気分になってしまったのです。

今の施術の柱になっているエネルギー療法をマスターするまで、このモヤモヤ感はしばらく続くのですが、この時は、経験を積む為に必要な時期だったと今は感じています。

さて、この出張整体というのは、患者さんの自宅に治療用のベッドを持参して出かける訳なのですが、面白い(?)体験をいくつもしました。

今回は、その中から、紹介しても支障のでないケースを吟味して、ひとつをご紹介させて頂きますね!

ある日の事です。
 男性から施術依頼の電話が鳴りました。

確か、腰痛、肩こりの症状だったと記憶しています。
 他人を家に入れるという事で、男性からの電話が殆どでしたので、この時も違和感無しに施術を引き受けました。

ちなみに、女性からの連絡を受けた時は、今思えば、少し気を引き締めてから出かける事が多かったように思います。

と言うのも、セクハラで誤解を受ける可能性が女性の場合はあるからです。

その為、現在のように、施術中に手袋をはめる事により、患者さんの身体を直接触れないようにして、誤解を受けないよう工夫していたものです。

話しを戻しますね。
そんなわけで、出張施術にもある程度慣れてきた私は、相手が男性という事で緊張感の中にも、余裕を持って出かけました。

指定されて出かけた先は、高層マンションのひと部屋でした。
 「ピンポ~ン」とインターホンを鳴らすと、男性がドアを開けて中に招き入れてくれました。

「こんにちは!」と挨拶して玄関口に入り、改めてその男性の顔を見ると、どこかで見た記憶があります。

瞬時に記憶を辿ると、昼に勤務している接骨院の患者さんである事が分りました。

それが分った時、正直言いまして、少し嫌な気持になってしまったのです。

その理由は次回に続きます。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×