大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

ストレスと脈の関係

ストレスと脈の関係

電話予約道案内

ストレスと脈の関係

自分の状態を知る方法

今日はクリスマス!
そして1週間後は2021年が始まります。
というわけで、今年最後のブログをお送りします。

今年もお世話になりました。
来年も皆さんの健康回復と維持に努めます
ので、よろしくお願いします。

当院の年末年始の予定です。

12月31日~1月3日まで休院
1月4日からスタートとなっています。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

今年はあなたにとってどんな年でしたか?

我慢の多いストレスフルな1年だったかもしれませんね。

ところであなたは、ご自身の脈拍をはかったことはありますか?

お医者さんや看護師さんが、
時計を見ながらあなたの手首に触れる。
こんな経験は誰にでもありますよね。

その脈拍で、その時のストレスを確認する
方法を書いてみます。
参考にしていただければ幸いです。

脈は心臓の鼓動を伝えています。
そのため、脈拍をはかれば
心臓の状態がある程度分かります。

心臓の動きは、
ストレスや自律神経と直結しています。

つまり、脈拍をはかれば
ご自身が抱えているストレスの大きさを
知ることができるのです。

では、脈拍とストレスの関係をお話しいたします。


< 脈とストレスの関係 >

脈拍数は、脈が1分間に何回打ったかをはかります。

その回数は一人ひとり異なりますので、
以下に記すのは目安となります。


●ストレスフリー状態
ストレスがない状態であれば、
脈拍は落ち着いています。
脈拍数は60~80回ぐらいです。


●ストレス状態
ストレスがかかってくると脈拍数は上がります。
だいたい80~120回ぐらいになります。
ストレスのため、心臓の動きがすこし速くなります。
 

●ストレスフル状態
更にストレスがかかると、
脈拍数は「ストレスフリー状態」よりも下がります。
だいたい50~60回ぐらいです。
この状態は非常に危険です。

(激しい運動をしている方は心臓の拍出力が高くなり、
心拍が低くなります。
そのため、そのような方はもう少し低い脈拍数(40~50回)が
ストレスフルの状態になります)
 

脈拍がストレスフリー状態よりも
上がっているのもつらいですが、
下がっているのはもっとつらくなります。

この状態ですと…

・立っていられない
・目の見え方がおかしい
・力が入らない
・記憶力がない
・文字を読んでも理解できない
・休みたいけど休めない

このようになります。

ここまで来ると、
完全回復までには少し時間(数週間以上)がかかります。


脈拍をはかる注意点としまして…
脈は環境に左右されやすいので、
毎日起床時にはかるといいでしょう。

(手首の脈がふれない方は、
首の脈をふれてみて下さい)


< 脈拍数が少なくなる理由 >

動物はストレスが大きすぎると、
脳や体の動きを制限させて
エネルギーを保存しようとします。

なぜなら、エネルギーがなくなれば
心臓さえ動かなくなってしまうからです。

そのため、エネルギーをあまり使わないように
節約することが必要です。

そのために、心臓の鼓動を遅くして
エネルギーを残そうとしているのです。

ですから、脈拍が遅くなると…

・体温が低下する
・やる気が起きなくなる
・不安になる
・免疫力が落ちる
・思考力や判断力が落ちる

こんな状態になります。

これらはエネルギーを節約しているために起きているので、
何とかしようともがくと、
ますますエネルギーがなくなってしまいます。

まずは安静にして、慌てず休息をとるようにしましょう。

充電が大事ですよ。^^

では、よいお年を!

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×