大阪城東メンタルヘルス気功整体院
MENU

自分の常識がストレスを生み出すかも?

自分の常識がストレスを生み出すかも?

電話予約道案内

自分の常識がストレスを生み出すかも?

あなたの思いを手放してみましょう

今回のテーマは「自分の見方を変えて、ストレスをスルーしましょう!」です。

ストレスを突き詰めれば、殆どの原因は人間関係に行きつくのではないでしょうか?

相手との考え方や捉え方の違いが、ストレスに感じるというわけです。

ものの見方、出来ごとの捉え方・考え方には、
その人なりの経験や癖があるものです。
考え方が変わると、ストレスが軽減することはよくあります。

自分の中の常識を、少し変化させてみる。

すると、大きな気づきが得られることでしょう。


< 自分の常識 >

私達は、生まれてから、
それぞれの家族・地域・友人・学校のもと生活することで、
様々な反応が身に付いています。
そこで培った自分の常識の中で、色々な考えが出てきます。

その常識に囚われ過ぎていることで、
ストレスを生みやすくなる場合があります。

自分の常識で考えている時、
その判断は楽なものになります。
しかし、常識外の行為は、
「違うこと」「ダメなことだ!」と、
ストレスとして考えてしまいます。

例えば、期待されたことに対し、
絶対にその期待には応えなければならない、
という世界で育っていると、
期待に応えないのは悪いことだ、
応えることが当たり前だ、となってしまいます。
そこに何の疑問も浮かびません。

相手の独りよがりな期待であっても、
それに応えられないと、
自分に罪悪感が生まれてしまいます。


その期待には、「本当に」「本当に」応えなければ
悪いことをしているのかを
考える必要があります。
もしも、その期待に応えなくても
悪いことをしている訳ではない場合、
自分で勝手に苦しんでいたことに気が付くでしょう。

相手の勝手な期待に応えないという選択肢は、
自分の想いを大切にしていると認識する、
更にその選択肢も常識内に組み込めると、
自分を楽にしてあげられるでしょう。


自分の中の常識が出来ることは、
判断基準が有り良いことですが、
今の常識外も受け入れられる思考にすると、
対応出来る範囲が広くなり、
ストレス軽減の手立てとなることでしょう。
 

< 可能性の広がり >

小学生の時の常識と、20歳の常識は全然違います。

小学生は、
自分で運転してドライブに行こうとは思いもよりません。

20歳は、運転免許が取得できるので、
好きな車でドライブに行こうという発想が生まれます。
行動範囲がとても広がり、自由度が増します。


元メジャーリーガーの野茂投手は、
アメリカに渡る時、
日本人がアメリカで通用するはずがないと言われていました。
これを覆して、1年目から大活躍です。
すると、常識が変わり、
その後次々と日本人がアメリカで活躍するのです。


常識が変わる事で、
その後の人生や生活に変化が生まれます。
一個人であっても、自分なりの常識を変えることで、
捉え方・考え方の質が今までとは違ってきます。
すると、ストレスにならない場面が増えることでしょう。
嫌だと思っていたことが、成長の糧になると思えたら、
少し前を向けるでしょう。


自分の常識と相手の常識は、
必ずしも同じとは限りません。
そういう考え方もあると学び、
自分の常識を広げることで、
ストレスは減らせるでしょう。

凝り固まった常識がある時には、
一度姿勢や行動を変えてから考えてみましょう。
体からの情報が変わると、
思考の変化も生まれやすくなります。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

大阪城東メンタルヘルス気功整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE友達登録はこちらLINE友達登録はこちら
  • 予約優先制

  • 定休日土曜日
  • 9時から17時
営業時間 日・祝
10時〜21時 ×